船場アートカフェ
about schedule access archives blog

カレンダー

2012年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シリーズ

投稿者

橋爪紳也
(都市文化論)
中川 眞
(音楽学、ガムラングループ「マルガ・サリ」主宰)
福島祥行
(劇場論、劇団「浪花グランドロマン」代表)
森 洋久
(GLOBALBASE プロジェクトリーダー)
海老根剛
(映像論)
山口悦子
(小児医学、グループ・ダイナミックス)
増田 聡
(ポピュラー音楽研究)
杉浦幹男
(文化産業論)
本間直樹
(臨床哲学、CSCD)
花村周寛
(ランドスケープ、CSCD)
諏訪晃一
(都市コミュニティ論)
芝田江梨
(表現文化学博士課程)
石川優
(表現文化学博士課程)
カミス
(ダンス)
高岡伸一
(建築家)
檜垣平太
(neutral)

月別アーカイブ

最近のエントリー

« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月のアーカイブ

「船場まつり」にて船場センタービル ミュージアムを開催

9月14日(月)から21日(月・祝)までの8日間、船場の中心である中船場で「船場まつり」というイベントが開催されます。これは街の活性化を目的に、中船場の4つの商業団体が共同して開催する初めての試みです。船場センタービルを中心に、期間中街のあちらこちらでさまざまな催しが行われます。
船場アートカフェではその一環として、船場センタービル5号館2階のテナントスペースを会場に、「船場センタービル ミュージアム」を開催します。船場センタービルは来年40周年を迎えますが、完成当時の貴重な写真や工事中の映像、その当時の船場の街並みなどを展示することで、その歴史を振り返り、新たな魅力を発見します。
入場無料で期間中は毎日10時から19時まで展示しています。また、同時開催として船場センタービルや船場の街をあるく「船場ウォーク」も行います。視覚や聴覚、味覚といった五感をテーマに、アーティストや研究者が独自の視点で皆さんを案内する大変ユニークな試みです。こちらも是非ご参加下さい(要事前申込み)
詳しくはこちら
※写真は工事中の船場センタービルと周辺の様子
artcafe_s.jpg

アート&アクセス第2回シンポジウムのご案内

アート&アクセス第2回シンポジウム開催のお知らせです。

みなさまのご参加をお待ちしております!

-----
■アート&アクセス 第2回シンポジウム「釜ヶ崎のアートへ」■

大阪市西成区の通称「釜ヶ崎」は日雇労働を行う単身男性が圧倒的に多く、
高齢化、失業、貧困、居住不安定など、さまざまな困難な問題を抱えています。
関西の「近代化」は、このまちの人々の労働に多くを負ってきているのですが、
情報も乏しく近寄りがたいイメージだけが先行しています。釜ヶ崎をゲットー
として囲い込んでしまうのではなく、わたしたちの暮らしの連続線上にとらえたいと思います。

西成にはアートにかかわる多くの市民グループがあります。
アートと意識せずにこれらの活動を行っているところもありますが、「つながり」を
大切にしている点において、アートの力を活用しているといえましょう。それらの活動を豊かな文化資源(リソース)としてとらえ、アートの可能性をさぐります。

アートはコミュニティにおけるコミュニケーションとアクセスを促し、対話の機会を生み出します。こうしたアートの力によって、釜ヶ崎の社会的・文化的「交通」を、よりいっそう豊かにすることができないだろうか、というのが本シンポジウムの出発点です。


日 時:9月12日(土)11:00〜17:30(開場10:30)
場 所:大阪市立大学都市研究プラザ 西成プラザ
参加費:無料
定 員:60名
お申し込み方法:氏名・所属・連絡先を明記の上、メールにてお申し込みください(9月9日(水)17:00締切)。

■お申し込み・お問い合わせ
地域アートマネージャー育成事業実行委員会事務局(大阪市立大学都市研究プラザ内)
E-mail:aaam◎ur-plaza.osaka-cu.ac.jp(◎を@にかえてご送信ください)

主 催:地域アートマネージャー育成事業実行委員会
後 援:大阪市立大学都市研究プラザ 船場アートカフェ
文化庁 平成21年度「文化芸術による創造のまち」支援事業

■プログラム
□午前の部(11:00-12:10)
・釜トーク:釜ヶ崎へのアクセシビリティ
 若松 司(大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員)
 山田英範(ビジネスホテル中央グループ専務取締役)

□午後の部(13:10-17:30)
・基調講演
 栗原 彬(立教大学名誉教授、立命館大学特別招聘教授)
・釜プレゼン:釜ヶ崎におけるアートの資源
 ナビゲーター:上田假奈代(闘う詩人、特定非営利活動法人こえとことばとこころの部屋[cocoroom]代表)
 おはなし:紙芝居劇むすび、こどもの里、山王こどもセンター、釜ヶ崎夏まつり、
 釜のブルースバンド、西成民踊研究会、ほのぼのクラブ(西成市民館)、
 創作クラブ(三徳寮)、難波屋(ライブ)、成田屋(ライブ・展示)、
 ライフサポート路木(エコバック)、十二楽坊(今池平和寮)など
・co-access(グループディスカッション)

■プレプログラム
・スタディツアー:釜ヶ崎まちあるき
釜ヶ崎をあるきながら、地域の現状や課題、人々の暮らしについて、スタッフがご説明します。

日 時:9月11日(金)16:30〜(所要時間:約1時間)
定 員:15名(先着順)
お申し込み方法:氏名・所属・連絡先を明記の上、aaam◎ur-plaza.osaka-cu.ac.jpまでお申し込みください(◎を@にかえてご送信ください)。受付確認後、当日の集合場所等についてお知らせいたします(定員になり次第、締切)。

■アクセス
大阪市立大学都市研究プラザ 西成プラザ
〒557-0002 大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル3階
(100円ショップFLETS太子店内の階段から3Fへ)

地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅7番出口すぐ
JR「新今宮」駅東口から徒歩1分

詳しくはこちらをご覧ください。

■チラシのDLはこちらから
※なお、諸事情により、開催時間がチラシ記載の「11:00-17:00」から
「11:00-17:30」に変更されております。何とぞご了承ください。
-----

船場アートカフェは、大阪市立大学・都市研究プラザが都心で展開する研究・実践の試みです。

copyright(c)2006 senba art cafe All Rights Reserved.