船場アートカフェ
about schedule access archives blog

カレンダー

2012年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シリーズ

投稿者

橋爪紳也
(都市文化論)
中川 眞
(音楽学、ガムラングループ「マルガ・サリ」主宰)
福島祥行
(劇場論、劇団「浪花グランドロマン」代表)
森 洋久
(GLOBALBASE プロジェクトリーダー)
海老根剛
(映像論)
山口悦子
(小児医学、グループ・ダイナミックス)
増田 聡
(ポピュラー音楽研究)
杉浦幹男
(文化産業論)
本間直樹
(臨床哲学、CSCD)
花村周寛
(ランドスケープ、CSCD)
諏訪晃一
(都市コミュニティ論)
芝田江梨
(表現文化学博士課程)
石川優
(表現文化学博士課程)
カミス
(ダンス)
高岡伸一
(建築家)
檜垣平太
(neutral)

月別アーカイブ

最近のエントリー

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月のアーカイブ

「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」④

1月29日(金)、「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」の最終レッスンが行われました。

今回は、ティティポン先生が作曲された曲を演奏しました。先生は、伝統的なラーンナー音楽の演奏だけでなく、ラーンナー音楽をベースにした現代音楽も創作されているのです。

soundspa06_15.jpg

合奏曲"Kab Kiew"は、メコン河の流れを主題とした曲。黄金色のメコン河に澄んだ運河が合流すると、何ともいえない不思議な色彩が広がるのだそうです。

soundspa06_16.jpg

合奏曲は楽器ごとに演奏パートが分かれている部分があるため、曲を覚えるのも大変です。スーン、サロー、笛、太鼓、と素早く楽器を持ち替えて、先生はひとりひとりに指導してくださいます。

soundspa06_17.jpg

最後に全員で演奏をして、「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」のすべてのレッスンが終了しました。

全4回という駆け足のレッスンではありましたが、その分とても濃密な内容になったように思います。たった4回のレッスンでラーンナー音楽のすべてを習得することはできませんが、少なくともその入口に立つことはできたのではないでしょうか!?
ティティポン先生、受講生のみなさま、ありがとうございました!

「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」③

1月22日(金)は、「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」の3回目のレッスンでした。

soundspa06_12.jpg

上の写真が、今回練習する曲の楽譜です。
前回までの楽譜とどこが違うかというと…
日本語表記がなく、タイ語のみなのです!
どんどん本格的になっていきますね。

soundspa06_13.jpg

先週までのおさらいをしたあと、いよいよチェンマイで演奏されているラーンナー音楽に挑戦!まずは全員で曲を歌ってみて感触をつかんでから、実際に楽器で演奏します。それぞれの楽器にそれぞれの難しさがあり、先生がていねいに指導してくださいます。

soundspa06_14.jpg

ラーンナー音楽の特徴のひとつは、繰り返して演奏すること。
楽譜上は短い曲でも、即興でアレンジを加えつつ繰り返し、ときには一晩中(!)つづけて演奏することもあるのだそうです。

レッスンも残すところあと1回となりました。
楽しく充実したレッスンにしましょう!

●民族音楽レッスン受講生の方へお知らせ
最終日は17:30から会場をあけています。ティティポン先生もいらっしゃいますので、「個人練習がしたい!」という受講生の方は、是非いつもより少し早めに船場アートカフェまでお越しください。

「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」②

1月15日(金)、「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」の2回目のレッスンがおこなわれました。

じつは、この日はラジオ取材がありました!
ラジオパーソナリティの馬場章夫さんが大阪のさまざまな場所・物事を紹介する「馬場章夫の〈新〉大阪大発見!」(MBSラジオ、毎週日曜日朝8:00〜8:30)という番組で、船場アートカフェをとりあげていただくことになったのです。

soundspa06_5.jpg

soundspa06_7.jpg

馬場さんも、ティティポン・カンティーウォン先生の手ほどきを受けてスーンに挑戦。なごやかな雰囲気のなか、取材は終了しました。
気になる放送は、1月31日(日)8:00〜だそうです。私も早起きして聴きます!
→「馬場章夫の〈新〉大阪大発見!」の公式サイトはこちら


さて、ラジオ取材のあと、レッスンがスタート。
先週のおさらいをしてから、練習曲を演奏していきます。だんだん難しくなる練習曲。みなさんの表情も真剣そのものです。

soundspa06_9.jpg

soundspa06_11.jpg

みなさんのレッスンが終わったあと、私もはじめてサローに触らせてもらったのですが、メロディどころか「ギ…ギギギ…」というドアが軋むような音しか出せませんでした…。「上達するには練習あるのみ!」と先生。次回からは、いよいよ北タイで実際に演奏されている曲を練習します!

「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」①

1月8日(金)、「北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」の第1回レッスンをおこないました。

soundspa06_1.jpg

講師は、ティティポン・カンティーウォン先生。
プロの音楽家として国内外で演奏活動を展開されていると同時に、民族音楽研究者でもいらっしゃいます。

今回教えていただくのはタイ北部のラーンナー音楽。
ラーンナー音楽はラーンナー王朝の長い歴史のなかで育まれ、中央タイからの影響を一部受けつつも独自の発展を遂げてきました。私は北タイの音楽は初体験ですが、典雅な音色になんともいえない美しさを感じます。

soundspa06_2.jpg

soundspa06_3.jpg

まずは楽器の紹介から。
受講生のみなさんには「サロー・ソー・スーン」という合奏音楽に挑戦していただきます。
今回のレッスンでは、主に「サロー」という胡弓に似た擦弦楽器(上写真奥)、「スーン」というギターのような弦楽器(同手前&中央)、「笛」を使います。先生から各楽器の特徴について実演をまじえて説明していただいたあと、みなさんに好きな楽器を選んでもらいました。

soundspa06_4.jpg

それぞれの楽器を選んだあと、いよいよ練習がスタート!
楽器の持ち方や音の出し方、リズムパターン等についてのレッスンの後、音階を出してみることに。う〜ん、なかなか難しい?しかし先生からは「まだ初回だから、大丈夫です!」との心強いお言葉。そうです!まだレッスンは始まったばかり。次回も楽しく練習していきましょう!

「船場音泉-アジアの民族音楽レッスン6」申込受付は終了しました

「船場音泉-アジアの民族音楽レッスン6-北タイの音楽・ラーンナー王朝の響き」の申込受付は終了しました!
たくさんのお申込ありがとうございました。ご希望に沿えなかった方、誠に申し訳ありません。
今後とも船場アートカフェをどうぞよろしくお願いいたします。

2月1日〜28日「マンスリーアートカフェ」がオープン!

mac_title.jpg

今年もやります、「マンスリーアートカフェ」!
船場アートカフェでは、2月の1ヶ月間、日替わりでイベントを開催します。

今年は、ディレクター陣によるレクチャー&ワークショップのほか、大阪市立大学の学生による「学生企画」も登場。学生ならではの斬新なアイデア満載のプログラムを予定しております。参加はすべて無料、事前予約も不要です。ぜひお好きなプログラムに足をお運びください!

→プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

■主 催 :船場アートカフェ(大阪市立大学都市研究プラザ)
■期 間 :2010年2月1日(月)〜28日(日)
■会 場 :船場アートカフェ(三休橋エクセルビル北館地下1階)
■開始時間:プログラム毎に異なります。スケジュール表にてご確認ください。
■開場時間:開始30分前
■会場が冷えることがあります。あたたかい服装でお越しください。
 ※飲食等のサービスは原則ございません。

---
なお、「船場音泉-アジアの民族音楽レッスン6」もまだお申込を受け付けております(事前申込制/参加無料)。
参加を迷われている方は、この機会にぜひ!
 →受付終了しました!
→詳細はこちらをご覧ください。

今年も船場アートカフェはさまざまなイベントを企画・開催いたします。
どうぞご期待ください!

「まちのコモンズ2009: 船場建築祭4」レポート!④

レポートもいよいよ最終回です。

今回は、最終日の様子をふりかえりたいと思います。
最終日のプログラムは、午前中の「北船場まちあるきツアー」と午後からのシンポジウム「まちのコモンズ:文化芸術によるまちづくりの可能性」でした。
まちあるきツアーのガイドは、昨年に引き続き、船場を研究する学生グループ「船場研究体」が担当しました。シンポジウム前にツアーに参加された方も多数いらっしゃいました。

シンポジウムの会場には、昨年同様、日本基督教団浪花教会の礼拝堂をお借りしました。
1930年(昭和5年)に建てられた浪花教会は、ヴォーリズ建築としても知られています。時間帯によってステンドグラスから射し込む光の幅が変化し、とても美しいんです。

symposium_2.jpg

シンポジウムだけでなく、今回のまちのコモンズでは、さまざまな近代建築を会場としてお借りしました。
19日(木)の「近代建築ナイトツアー」では船場に点在する近代建築をめぐり、
20日(金)のセミナー「「レトロ」がきらわれていた頃のはなし」では、劇作家のわかぎゑふさんを伏見ビルのギャラリーもず(登録文化財)にお招きし、中島らもさんや船場にまつわるエピソードについてお話しいただきました。たくさんの方のご協力によって、まちの文化資源である近代建築を介して、趣きや温かみのあるプログラムを実現できました。

シンポジウムに話を戻します。

シンポジウムは、2つの基調講演からスタートしました。
まずは、嘉名光市先生(大阪市立大学准教授/船場アートカフェディレクター)より「まちのコモンズの目指すもの」というタイトルでご講演いただきました。「まちのコモンズ2009」の映像記録とともに6日間の内容をふりかえりながら、アートによる都市再生の可能性についてお話いただきました。

続いて、宗實良彦氏(京都市文化市民局文化芸術企画課)による基調講演「文化芸術によるまちづくり:元・立誠小学校の取り組み」では、京都市中京区の旧立誠小学校を中心としたまちづくりの取り組みについてご紹介いただきました。

symposium_3.jpg

後半のパネルディスカッションでは、上記のおふたりに加え、池田吉孝氏(集英連合高麗橋2丁目振興町会長)、杉本容子氏(東横堀川水辺再生協議会(e-よこ会)/DAN計画研究所)をお招きして、各地域での取り組みの紹介や、これからのまちづくりのあり方について議論がなされました。

このシンポジウムを以て、「まちのコモンズ2009」は終了しました。
まちの風景を少しだけ変えた6日間、船場の魅力をあらためて味わう6日間になったのではないかと思います。
関係者のみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました!

「まちのコモンズ2009: 船場建築祭4」レポート!③

新年あけましておめでとうございます!
今年も船場アートカフェをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、のろのろと続けております「まちのコモンズ2009: 船場建築祭4」レポート、第3弾です。
今回は、高麗橋通で開催した2つのイベントをご紹介します。

ひとつめは「アジア音楽ライブ」。
三井ガーデンホテル前の公開空地をお借りして、ウィークデイの5日間、日替わりでライヴを開催しました。
まちの雑音の合間を縫って聴こえてくるアジア音楽に、ふと足を止める方も多く、日を追うごとにお客さんが増えていきました。

live_2.jpg

live_1.jpg

上の写真は、HANA★JOSSというガムランユニットのライブの様子です。今回は「ワヤン」というジャワ島の伝統的な影絵芝居を上演していただきました。美しい細工が施された人形とガムランの伴奏が相俟って、幻想的な物語が街角に出現しました。

ふたつめは「吉兆お餅つき」です。
吉兆高麗橋本店さんのご協力によって、昨年の人気プログラムが今年も実現!
つきたてのお餅をお雑煮にしていただきました。しかもサッポロビールさんからの飲み物つきです。ありがとうございます!

kicchou_1.jpg

先着順のプログラムだけあって、当日は長ーい列が…

kicchou_2.jpg

ふるまわれたお雑煮は、なんと300食以上!
私もいただきましたが、やわらかいお餅と柚子の香り、そしてなんといってもお出汁が本当においしいんです。ごちそうさまでした!

船場アートカフェは、大阪市立大学・都市研究プラザが都心で展開する研究・実践の試みです。

copyright(c)2006 senba art cafe All Rights Reserved.