船場アートカフェ
about schedule access archives blog

カレンダー

2012年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シリーズ

投稿者

橋爪紳也
(都市文化論)
中川 眞
(音楽学、ガムラングループ「マルガ・サリ」主宰)
福島祥行
(劇場論、劇団「浪花グランドロマン」代表)
森 洋久
(GLOBALBASE プロジェクトリーダー)
海老根剛
(映像論)
山口悦子
(小児医学、グループ・ダイナミックス)
増田 聡
(ポピュラー音楽研究)
杉浦幹男
(文化産業論)
本間直樹
(臨床哲学、CSCD)
花村周寛
(ランドスケープ、CSCD)
諏訪晃一
(都市コミュニティ論)
芝田江梨
(表現文化学博士課程)
石川優
(表現文化学博士課程)
カミス
(ダンス)
高岡伸一
(建築家)
檜垣平太
(neutral)

月別アーカイブ

最近のエントリー

« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月のアーカイブ

大阪ピクニック03「地下から空へ」のご案内

身体をめぐるワークショップ・シリーズ、「大阪ピクニック」を開催します!

ようやく猛暑がおわり、秋の訪れを感じさせる気候になりましたね。
気持ちのよい秋晴れの日には、どこかへ出かけたくなりませんか?
そんなときは、ぜひこのワークショップへ!

3回目の開催となる今回は、「地下から空へ」をテーマに、梅田のまちをめぐります。
のびのびと身体を使って、まちを感じてみませんか?

詳細はこちらからもご覧いただけます。

picnic03_blog.jpg

■大阪ピクニックとは?
ジャワ舞踊家である佐久間新がナビゲーターを務める、身体を巡るワークショップ・シリーズ。
自然や生活と深いつながりをもつアジアの古典舞踊という身体技法を手がかりに、
都市に潜むさまざまな自然とコミュニケートしていくことで、身体と街の面白さを発見していきます。
カラダとココロを楽にして、一緒に大阪ピクニックへ出かけましょう。

■地下から空へ
第3回目のテーマは、「地下から空へ」。
鉄道、高速道路、地下街、高層ビルなどが縦横無尽に走る街-梅田を、転がったり、走ったり、嗅ぎ回ったり、耳をすませてみたりして、感じます。
湯気や影やペットボトルでダンスする佐久間新と、抱き合ったり、殴り合ってダンスする垣尾優が出会います。
地下鉄でけんかをはじめるのか、歩道橋で抱き合って転がるのか。
街を感じることから、ダンスがはじまるのか、音楽がはじまるのか、あるいはなにもはじまらないのか。
みなさん!一緒に、はじまりに立ち会いませんか?

■日時:
第1日10月15日(金)時間:午後6時30分~午後9時30分
第2日10月17日(日)時間:午後1時~午後5時
第3日10月29日(金)時間:午後6時30分~午後9時30分

■定員:各回10名(事前申込制・無料。3回とも参加出来る方優先)

ナビゲーター:佐久間新(舞踊家)
ゲスト:垣尾優(ダンサー)
ほんまなおき(船場アートカフェ・ディレクター/大阪大学CSCD)
大阪ピクニック:岡部太郎、御中虫、高岡伸一

■主催:船場アートカフェ(大阪市立大学都市研究プラザ)

■プログラム詳細:
第1日:街を感じるためのからだワークショップ(場所:船場アートカフェ)
初日はからだの感度を上げるワークショップを行います。
それから、どうやって街を感じたり、街で遊んだりするのか、大阪ピクニックのしおりを参考に、参加者全員でディスカッションします。

第2日:街でのピクニック(場所:梅田周辺)
2日目は街へ出かけ、実際に梅田の地下や地上や空を感じてみます。
ダンサーは、何を感じ街を歩いているのでしょう。
街とからだが交信するところに、ダンスの種がうまれるかもしれません。

第3日:「感じる」からうまれる新しいからだ、新しい街(場所:船場アートカフェ)
最終日は2日目の映像や写真を鑑賞しながら、そこにどんなからだの感覚や街がうまれているか?
新しいダンスや表現の可能性について考えます。

■申込み方法:E-mailにてお申し込みください。追って詳しいご案内をお知らせします。
お申し込みは先着順受付。定員になり次第締め切りとさせていただきます。
ご不明な点は、メールで気軽にお尋ねください。
E-mail:art-cafe○ur-plaza.osaka-cu.ac.jp(船場アートカフェ事務局:高岡宛)
(○を@に変えて送信してください)

■佐久間新(さくま・しん)
1988年、ガムランを始める。ジョグジャカルタの舞踊家ベン・スハルト氏に出会い、ジャワ舞踊を志す。
1995年から4年間、インドネシア芸術大学に留学し、王宮など数多くの舞台に出演する。
帰国後は、古典作品以外にも、野村誠、三輪眞弘、鈴木昭男らの音楽のためのダンスを発表する。
05年には、野外で即興するi-Picnicを結成し、インドネシア、日本、オーストリアで即興を行い、DVDを制作する。
07、09年にクレムス現代音楽祭(オーストリア)に参加、09年に上海、10年にジョグジャカルタの障がいのある人たちとダンスの発表をする。
音とダンス、ダンスと日常の境界を探る試み、障がいのあるアーティストとのコラボレーションを展開中。

■垣尾優(かきお・まさる)
1973年生まれ。95年よりモダンダンスを学び、00年から自身の活動を開始。
06~09年 塚原悠也と共に痛みと接触をキーワードにcontact Gonzoとして活動。
ダンサーとして山下残、DanceTheatreLUDENS、EnsembleSonne、dotsなどの作品に参加。
近年は即興ダンス、坂を転がる、おおいにとまどう、翻弄される、落ち葉をキャッチする、恐怖、などを題材にしたワークショップなどもおこなっている。

■ほんまなおき
2008年に久保田テツとともに映像活動ユニットVIDEO ROMANTICAを結成、映像によって出来事をデザインする。
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教員。船場アートカフェ・ディレクター。
http://www.youtube.com/user/cafeimage

船場アートカフェは、大阪市立大学・都市研究プラザが都心で展開する研究・実践の試みです。

copyright(c)2006 senba art cafe All Rights Reserved.