船場アートカフェ
about schedule access archives blog

カレンダー

2012年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シリーズ

投稿者

橋爪紳也
(都市文化論)
中川 眞
(音楽学、ガムラングループ「マルガ・サリ」主宰)
福島祥行
(劇場論、劇団「浪花グランドロマン」代表)
森 洋久
(GLOBALBASE プロジェクトリーダー)
海老根剛
(映像論)
山口悦子
(小児医学、グループ・ダイナミックス)
増田 聡
(ポピュラー音楽研究)
杉浦幹男
(文化産業論)
本間直樹
(臨床哲学、CSCD)
花村周寛
(ランドスケープ、CSCD)
諏訪晃一
(都市コミュニティ論)
芝田江梨
(表現文化学博士課程)
石川優
(表現文化学博士課程)
カミス
(ダンス)
高岡伸一
(建築家)
檜垣平太
(neutral)

月別アーカイブ

最近のエントリー

Artist in Residenceのアーカイブ

始めまして。

日曜日の夜にアーチスト イン レジデンスで活動している。カミスの佐久間新です。
カミスは、ジャワ舞踊の佐久間新とバリ舞踊の大西由希子が、互いの舞踊を共振させて、新しい表現を探ろうというユニットです。

カミスというのは、インドネシア語で木曜日という意味です。日曜日に活動しているけど、カミス。

以前、バリ舞踊とジャワ舞踊の発表会のために、「火の踊り、水の舞い」というキャッチコピーを考えました。ジャワ舞踊のキーワードは、バニュ(水)・ミリ(流れる)だし、ダイナミックなバリ舞踊は、火をイメージさせます。

・・・そして、このユニットは、そのふたつの舞踊の先・はざま・奥・以前にあるものを考える場にしたかったので、名前をカミスにしました。火・水・木です。それで木曜日・カミスです。

なるべくちょこちょこ更新したいと思っています。

(佐久間新)



八木ビルの鯉

アジアダンススクエアの公演が迫っています。
公演の中に、ソロやデュオ、トリオなど、いろいろな場面があります。その中で、なかなか決まらなかった佐久間+大西のシーンの練習をしました。昼から大阪本町の船場アートカフェに集まって、夜までゆっくりと練習をしました。

詳しくは本番のお楽しみですが、鯉の動きがヒントになったダンスの場面を作りました。今日、船場アートカフェに向かいながら、どういう風に大西さんに説明しようかな、と考えていました。

すると、船場カフェに行く道すがらに、大きな鯉がたくさん泳いでいました。堺筋に面した八木ビルの北側です。堺筋を挟んでは、バンコック銀行の立派な彫刻が見えています。

見事な鯉が元気に泳ぎ回っています。管理が行き届いているのか、まるまる太った鯉が気持ちよさそうに動いています。気に入ったのを見ていると、いくつか泳ぎ方があります。

クイッ クイッ 

と曲がっていきます。目の後ろ辺りを起点として、小気味よくターンしていきます。

オラヨッ オラッヨッ

と曲がるものもいます。これはもう少し下の頭付け根から胸の辺りを起点にしています。

このふたつの動きは、ほとんど事前の動きがありません。いきなり動きます。そのいきなりにからだの残りのパーツが脱力して着いていきます。

ブルルン
スイ~

と進んでいきます。

と、尾びれをしならせて、振るって前進していきます。流線型の体を通り抜けていく水の感触を楽しむように、惰性で進みます。

といったことを説明して、練習を始めました。大西さんもうまく動きをのみ見込んでくれました。しばらくやって、休憩時間に、大西さんと八木ビルの前に鯉を見に行きました。しばらくすると、大西さんがクイッ、クイッと体を動かしています。感じを掴んでいるようです。

鯉の動きはこれ以外にもいっぱいあって、本当に飽きません。ダンスの中に、どれだけ鯉の動きを取り入れられるだろうか。ジャワ舞踊やバリ舞踊の中には、自然をヒントにした動きがたくさん隠されています。鯉のダンスをしながら、ジャワ舞踊やバリ舞踊の動きにも迫っていきたいと思っています。

(佐久間新)


展覧会とパフォーマンス

IMG_0722.jpg
カミスの佐久間新です。
イベントの案内です。建築も面白いのでぜひお越し下さい。すべて無料です。

同時代ギャラリー:1928ビル1階。元新聞社ビル。名前からすると1928年に建設。
うずらギャラリー:1928ビル東隣。外は町屋、中は洋室、暖炉もある。2階では、歯医者が営業中。
京都文化博物館:元日銀ビル。1階吹き抜けは、銀行の雰囲気たっぷり。
ここで踊ります。

今日は京都三条寺町のうずらギャラリーと同時代ギャラリーへ行ってきました。先週から、僕の展覧会が始まりました。たんぽぽの家が主催するひと・アート・まち京都のプロジェクト、アートリンクで、僕と伊藤愛子さんが作品制作を依頼されていて、その映像の展覧会。

http://popo.or.jp/new/detail.php?cid=141
このサイトでは分かりにくいですが、愛ちゃんと僕が8月からくり返してきた即興のダンスワークを山田千愛さんが映像にしてくれて、ふたつのギャラリーで上映しているのです。特に、同時代ギャラリーの横にあるうずらギャラリーは隠れ家的な洋館で、暖炉の上や、たくさんの小さな小窓や、扉の長いガラスに、映像が仕掛けられています。

会期は日曜日まで。映像作品だけど、うずらギャラリーに合わせた演出になっていますので、ここでしか見られません!!不思議な雰囲気が漂っているギャラリーの2階では、オーナー家族のおじいさんが歯医者を細々と営業しています。ギャラリーになっている部屋も元々は家族の部屋で、オーナーがそこに集まって友達と飲んだりしている内に、ギャラリーになったそうです。暖炉の上で、扉や小さな窓の向こうで、愛ちゃんと僕が踊っています。


とってもかわいい作品になっています。アクセスのいい場所にあるので、お気軽に見に来て下さい。パフォーマンスもあります。

展覧会
同時代ギャラリーとうずらギャラリー
10月16日(火)~10月28日(日)
12:00~19:00(ただし最終日は17:00まで)
ふたつのギャラリーとも、三条寺町西入るスグです。同時代ギャラリーは1928ビル1階。うずらギャラリーはその東隣です。

伊藤愛子×佐久間新
ゲスト:ウォン・ジクスー
10月26日(金)14:00~(予定約15分)
          17:00~(予定約50分)
10月27日(土)12:00~(予定約50分)
会場:京都文化博物館別館・中庭ウッドデッキ

始めまして、「ブッダ・トゥエルブ」に出演します。

IMG_buddha.jpg
遅ればせながら、始めまして。カミスの大西由希子です。

初カキコミで公演の告知、すみません。

『BUDDHA 12 "ブッダが見た12の風景"』(原作サダキチ・ハートマン 脚本・演出キタムラアラタ)
という演劇の舞台に出演することになりました。

フィリピンのミンダナオやインドネシア・バリからも俳優や音楽家が招聘され、5つの国籍の、ジャンルも様々なアーティストにより構成される舞台です。
多様な価値観が交差し合い、きっと不思議な空間が生まれるだろうと思います。
あまり"演劇"という言葉に捉われず、何か変わったものが見れそう・・と
おもしろがって来て下さい。

公演は横浜と、京都アートコンプレックス1928であります。
アートコンプレックスはすごくアクセスしやすい場所にあるので、大阪方面の方もぜひ。


■■『BUDDHA 12-ブッダが見た12の風景』■■

<京都公演 *ART COMPLEX提携公演*>

日時:12月15日(土)14時、19時/12月16日(日)14時
    (全3回公演)

会場:ART COMPLEX 1928

料金:一般3,000円/学生2,000円

<チケットお取り扱い>
●インターネットでの申し込み(セブン・イレブンで購入・発券ができます)http://www.anneesfolles.org/

●電話・Eメール・ファックスでのお申し込み
氏名・連絡先・希望する観劇日時・枚数をお知らせのうえお申込みください。

メール:ticket@anneesfolles.org
ファックス:03-3310-4118
電話:080-6752-4590

【企画・制作】アンネフォール【助成】芸術文化振興基金



カミスでも、もうちょっとマメに活動報告をしていきたいと思っています。
今年は私も佐久間さんも忙しくしていましたが、その分収穫も多く、会うとふたりでかなり話し込みます。
来年はカミスとしてアウトプットしていく機会を作ろうと企画しています。
また、ご報告します。

(大西由希子)

船場アートカフェは、大阪市立大学・都市研究プラザが都心で展開する研究・実践の試みです。

copyright(c)2006 senba art cafe All Rights Reserved.