船場アートカフェ
about schedule access archives blog

カレンダー

2013年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

シリーズ

投稿者

橋爪紳也
(都市文化論)
中川 眞
(音楽学、ガムラングループ「マルガ・サリ」主宰)
福島祥行
(劇場論、劇団「浪花グランドロマン」代表)
森 洋久
(GLOBALBASE プロジェクトリーダー)
海老根剛
(映像論)
山口悦子
(小児医学、グループ・ダイナミックス)
増田 聡
(ポピュラー音楽研究)
杉浦幹男
(文化産業論)
本間直樹
(臨床哲学、CSCD)
花村周寛
(ランドスケープ、CSCD)
諏訪晃一
(都市コミュニティ論)
芝田江梨
(表現文化学博士課程)
石川優
(表現文化学博士課程)
カミス
(ダンス)
高岡伸一
(建築家)
檜垣平太
(neutral)

月別アーカイブ

最近のエントリー

石川 優

第27日:ビデオクリップレクチャーIII

27日(日)は、ポピュラー音楽論が専門の増田聡先生による「ビデオクリップレクチャーIII」。第1回マンスリーアートカフェ(2009年)から数えて3回目の開催となります。
今回は、1980年代〜90年代の音楽ビデオクリップを鑑賞しながら、「日本的なもの」の表象がいかに変容してきたかを探りました。「西洋的なもの」へのあこがれ、「日本的なもの」のカリカチュア的表象、グローバル化時代における「日本」の表象など、多彩なビデオクリップの事例を通じて、様々なコンテクストによって「日本的なもの」に対する意味づけは変わり得ると感じました。歌謡曲からバンドブーム、JPOPまで、盛りだくさんの2時間でした。

MAC27.jpg

第26日:建築映像で振り返る船場のまち

26日(土)は、都市研究プラザ特任講師の高岡先生による「建築映像で振り返る船場のまち」。
かつて大きな建築工事現場では、その様子を映像に記録していたそうです。このような記録映像は、建築過程だけでなく、当時の都市の風景や人々の風俗を知る上でも大変貴重な映像資料といえます。今回のプログラムでは、船場ではおなじみの「大阪ガスビル」(1933年完成)と「船場センタービル」(1970年完成)の記録映像を鑑賞しました。撮影された時代は違いますが、どちらの映像からも活気あふれるまちの様子が伝わってきます。
このような記録映像は建築会社の倉庫などに眠っている場合が多いそう。これからのまちづくりのあり方を考えるためにも、記録映像をアーカイヴするプロジェクトを今後も進めていくそうです。

MAC26.jpg

第25日:ダンスするコミュニティ

25日(金)のナビゲーターは、大阪市大表現文化学教室の海老根剛先生。ゲストであるダンスドラマトゥルクの中島那奈子さんから「ダンスするコミュニティ」についてお話しいただきました。ダンスドラマトゥルクとは「振付家の対話者」。振付家と対話しながら舞台をともに構築する専門職で、舞台芸術制作に欠かせない存在としてドイツなどでは広く知られています。研究者であり、またダンスドラマトゥルクとして国内外で活躍する中島さんから「ダンスとは何か」、「誰がそれをダンスと呼ぶのか」という問いが投げかけられます。ディシプリンに則った美しく若い身体による作品だけが「ダンス」なのでしょうか? 今回のプログラムでは、ダンスの訓練を受けたことのない「素人」、障害のある人、高齢の人などによるコンテンポラリーダンス作品の紹介を通じて、多様な身体によって拓かれる舞台芸術の可能性について考えました。

MAC25.jpg

中島さんがドラマトゥルクとして制作に関わっていらっしゃる「劇団ティクバ+循環プロジェクト」の公演が、3月にArt Theater dB 神戸で行われます。ドイツと日本という異なる言語(文化)をもつダンサーによる作品、ぜひお見逃しなく!(詳細はこちらをご覧ください)

第22日:タイ農村の芸能大会

マンスリーアートカフェもいよいよ終盤です!
22日目のプログラムは「タイ農村の芸能大会~キティちゃんからテニスルックのばあさんまで~」です。ナビゲーターは、アートカフェのレジデンシャル・アーティストであるタイ古典音楽合奏団、スリヤサンキート。文化人類学が専門の馬場雄司先生(京都文教大学)を講師にお招きして、北タイの芸能大会を映像を交えつつ紹介していただきました。北タイのナーン県で3年に1回催される芸能大会は、3日間つづく守護霊儀礼の一部です。近年では、伝統的な音楽や舞踊だけでなく、村人によるユニークな芸能が登場しているそうです。ドレスを着た少女たちのダンス、のど自慢、エアロビなどの演目から、北タイの村々にもポピュラー文化が流入していることがわかります。伝統芸能とポピュラー文化が共存しているハイブリッドな状況が今後どのように変容していくのか、文化の変質について考えるプログラムとなりました。

MAC22.jpg

第18日:ビデオから見た映像の未来

18日(金)のプログラムは「Back to the Future:ビデオから見た映像の未来」。
ナビゲーターは、映像論が専門の海老根剛先生です。
youtubeやUstreamの台頭などからもわかるように、現在、映像環境は大きく変容しています。しかし現代の映像環境は、新しいメディアによって刷新された訳ではなく、映画やビデオ、コンピュータといった新旧のメディアが重なり、絡み合っている状態なのではないでしょうか。
今回のプログラムでは、かつて新しいメディアとして注目された「ビデオ」に着目しました。映画、ビデオアート、3D映像などの事例を通じて、19世紀の写真の発明にはじまる映像の歴史の中で、人々が「現実を写す」という主題とどのように向き合ってきたかを考えました。

MAC18.jpg

第13日:クール・アジア!〜アジアの最新アニメ上映会〜

13日目は、マンスリーアートカフェでは珍しい!?ポピュラーカルチャーに関するプログラム、「クール・アジア!〜アジアの最新アニメ上映会〜」です。ナビゲーターは杉浦幹男先生(文化産業論)、そして山口(中上)悦子先生と石川が登壇しました。

アニメが盛んなのは日本だけではありません。現在、アジア各国でアニメ製作と海外展開が進んでいます。今回は、中国、タイ、シンガポール、韓国の最新アニメを上映しました。アニメとひとことにいっても、表現の技術やアプローチは実にさまざま。アメリカや日本などの先行アニメ文化が各国に伝播していくことで、ハイブリッドなアニメがアジアのあちこちに出現していると感じました。アジアのアニメコンテンツの展望について改めて考えさせられるプログラムとなりました。

MAC13.jpg

企画協力:大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会(ODCC)
後援:タイ国政府貿易センター大阪
協力:韓国コンテンツ産業振興院(KOCCA)

第12日:建築と社会、大大阪の面白さ

12日目のプログラムは、大阪市大の工学研究科准教授の嘉名光市先生による「建築と社会、大大阪の面白さ~自由闊達な戦前論考~」です。大正から昭和にかけて雑誌『建築と社会』と『大大阪』に掲載された「論考」を見ながら、戦前の大阪の都市計画の歴史をひもときました。

MAC12.jpg

戦前は、日本における都市計画の「教科書」がまだ確立されていない時代。これらの雑誌から、個人の考えを表明し、活発に議論しつつ課題にとりくむ当時の専門家の姿が見てとれます。公式資料には載っていない議論のプロセスをかいま見ることで、都市の「近代化」を目指しながらさまざまな困難に立ち向かい、やがて戦争という時代に飲みこまれていく「生きた」都市計画史が立ち現れていました。

第11日:「1000人で音楽をする日。」を振り返る日。

11日目のプログラムは「「1000人で音楽をする日。」を振り返る日。」です。昨年10月に万博記念公園で行われた「1000人で音楽をする日。」を映像とともにふりかえりました。ナビゲーターは諏訪晃一さん、ゲストは同イベントディレクターの岩淵拓郎さん(美術家/執筆・編集者)。

MAC11.jpg

「1000人で音楽をする日。」は、現代音楽家として著名なホセ・マセダ氏の「ウドロ・ウドロ」を1000人で演奏しよう、という現代音楽イベント。3種類の簡単な楽器と声だけで演奏されるこの曲は、専門家でなくても、誰もが気軽に演奏できるようにつくられています。イベント当日は、500名以上の人たちによって「ウドロ・ウドロ」が演奏されたそうです。音楽が好きな人、野外で遊ぶのが好きな人、たまたま通りかかった人など、さまざまなバックグラウンドをもつ人々が一緒になってひとつの曲を演奏するイベントをふりかえることで、音楽のあり方の可能性について話し合うプログラムとなりました。

第10日:ペーパーバッグ・ペインティング実習

マンスリーアートカフェ、早くも10日目です。
10日のプログラムは「ペーパーバッグ・ペインティング実習」。中川眞教授のナビゲートのもと、講師にアーティストの西純一さんをお迎えして、紙袋にペイントするワークショップを行いました。買いものをするたびにもらう紙袋…家で眠っていませんか? デパートの紙袋や洋菓子店のかわいらしい紙袋、ブランドショップの高級(!?)紙袋などを自分流に塗りかえましょう!

MAC10_1.jpg

MAC10_2.jpg

西さんは、布カンバスよりも手軽で、いつでもどこでも持ち運べる紙袋に着目して「ペーパーバッグ・ペインティング」を考案されたそうです。たしかにペーパーバッグ・ペインティングには、既製品を自分のものに変えていくスリリングな楽しさがあります。完成した自分だけの紙袋は、みなさんにお持ち帰りいただきました。参加者のみなさん、ぜひ街で活用してください!

第7日:Art in Healthcare(1)

「マンスリーアートカフェ」も2週目に入りました!
7日目のプログラムは「Art in Healthcare(1)市大病院Coco-A 08「森口ゆたかの世界」」。

ナビゲーターは、船場アートカフェディレクターの山口(中上)悦子先生、都市研究プラザ特別研究員の高島知佐子さんです。大阪市大病院がおこなっている病院での現代アートの実践や、今年度のアートプロジェクトについて紹介していただきました。(昨年度の市大病院でのアートプロジェクトについてはこちらをご覧ください。)

今年のアートプロジェクトを企画したのは、アーティストの森口ゆたかさん。現代美術家であると同時に、ホスピタルアートの活動を展開するNPO法人アーツプロジェクトの代表でもいらっしゃいます。今回はアーティストとしての立場から、「Hug(ハグ)」をテーマにした市大病院での作品制作についてお話ししていただきました。

MAC7.jpg

病院で働く方々というと、お医者さんや看護士さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、実際はその他にもたくさんのスペシャリストによって病院は支えられています。今回のアートプロジェクトでは、「働く手」を通して、医療者の方から患者さんやご家族へのHug、そして医療者の方へのHugなど、たくさんの育みが表現されているそうです。

※大阪市大病院のアートプロジェクトは、入院されている方やそのご家族、病院に関わる人たちに向けられたものですので、原則として一般公開はしていません。ただし、4月から徳島県立近代美術館で行われる森口さんの展覧会で、今回のアートプロジェクトで制作した作品が展示されるそうです!近隣へお越しの際はぜひご覧になってください!

船場アートカフェは、大阪市立大学・都市研究プラザが都心で展開する研究・実践の試みです。

copyright(c)2006 senba art cafe All Rights Reserved.